アイノワノート  

原始機での織物&うかんだことをカタチに

自分の望みを知ってしまった。

 

 

作家(原始機織りの)として本格始動を始めたわけですが、

事象から自分の望みに気づいちゃった、というはなしです。

 

 

数年前から知ってるカフェで、カフェのほかにも企画展したりしていて、

うちから遠方だけど、好きで何度か行ったことがあるお店があり、

そのオーナーさんが、作家さんや飲食のお店を呼んでイベントをすることを知りました。

 

そしたらね、ザワザワした感情がこみ上げました。

 

「なんやろ、この気持ち」

 

嫉妬?、そのイベントに呼んでほしいん?

え!なになに、と自分の気持ちと向き合っていた時のことです。

 

 

うちの娘が動画編集とか興味があるというので、私の織ってる動画を編集して

ほしいと、何気なく話してたんです。

そしたら「ひょっとして私は表に出たい人か?」そんな気持ちが湧いてきてて、

それにリンクするような出来事が、、、

 

近々、個人事業主向けのある講座に参加するんですが、

講座用に新たにSNSのアカウントを作る機会がありました。

「顔写真をアイコンにした方ががいいと思う」と

主催者さんからアドバイスがありました。

理由は、「起業して表に出ていく上で、写真を撮られる機会も増える」から。

「早く願望実現するためにも写真に慣れることを先取りしよう」って。

 

「あ!!これや!!」

って気づいたんです。

本当はこれがやりたいねん、って。

 

私がやってる織りは織機を使わないので

説明してもわかってもらいにくく、

それも兼ねて、ゆくゆくは動画にしたいと思っていました。

 

それもあるけど、自由に楽しく発信したい。

 

でね、気持ちの通じ合う人たちと繋がりたい。

そして仲間と協力して、何かの、誰かの力になりたい。

(うまく言葉にできないけど、もっと大きく深いものを動かしたいと思ってる)

 

だからそれをしていた人にザワザワしたんだ!

 

鏡の法則!すごい!

 

他の人がしてる Instagramのライブとか、Reelsリールとか、

気持ちのどこかで「いいな、ちょっとやってみたいな」 

と、ずっと感じてて。

 

私は写真を撮るのは好きだけど、撮られるのは、

「魂が抜かれる~!」って思うほど、嫌いやし

世の中に正体をさらすようで怖いし、コンプレックスもある。

 

かわいくてキラキラしい人がするからいい、とか、

特別な才能とか特技とか、そういうのが必要だと思ってた。

 

あるよ!私にも!

そうそうあるある!!

鏡に向かって「今日もかわいいね」って、毎日いってやる 笑

 

ほんでまだまだ残る、こわい・・・という気持ちや、完璧主義。

もうほんま、いらん、、、。

行動あるのみ!

魂が望んでることを優先したげよう。

 

嫌だ!嫌いだ!の裏に隠された、本当の望み。

すごっっっ!!

 

 

 

初めての出店 下鴨神社糺の森手づくり市にて

 


思い切って出してみた!のわりに、目しかでてへん・・・

 

 

 

 

 

波乱万丈の人生





高校時代、友達に「平凡な人生より波乱万丈な人生がいい!」

と話していたことを思い出しました。

 

波乱万丈の意味を調べてみました。

「変化が極めて激しく劇的であること」

とありました。

 

その時はただなんとなく、話していました。

 

実際にそうなってる、もっとなりつつある自信があります 笑。

 

 

子どもの頃は、友達との距離をとりづらくてトラブルが多くて

何のために勉強をするのかわからなくて、しんどくて

部活か、家でひたすら寝る!という学生時代。

 

良いこと悪いことを教わって

常識、非常識なことを線引きするように。

筋が通ってないことに異常なほど、嫌悪感を覚え

自分の中でいつのまにか、つくっていたルール。

 

人と自分の感覚の違いに戸惑い、

自分はダメな奴だ、、、と否定するようになり

「わたしなんて」「わたしなんか」言うてました。

 

 

母を亡くしたことが大きかったけど、

縁のあった方と出会い、離れたことがきっかけで

自分の人生が大きく揺さぶられ、

心のままにとにかく行動した結果・・・

原始機という織りに出会いました。

でもそれは、一つの手段、ツールとして捉えていて、

 

自分のやりたいことで豊かになる!

自由に生きる!

自分を活かして、楽しい!幸せ!嬉しい!を伝えて

価値観の似た人たちと一緒に、何かできたらいいな。

 

という願いがあります。

 

 

「自分を生きる!」と、覚悟を決めた当時は

しつこくこびりついた恐れ、エゴを手放すにはどうしたらいいかわからず

一人では乗り越えられず、「エイ!」っと決意して、

信頼できるメンターにお願いして、セッションを受けていました。

その方のブログを読んでいましたが、

お願いしようと決心するまで、怖くて1年以上かかりました。

言葉でうまく説明できない怖さでした。

すべてエゴがそうしてるんだけど。

 

セッション受け始めの頃は自分を内観することが、辛くて面倒で時間もかかりました。

嫌な感情…例えば、イラついたり、悲しかったり、モヤモヤしたり、

こんなことが起きたときは自分と対峙するチャンスです!

 

なぜ?どうして?と細かく自分に聞いていきます。

あと、鏡の法則として現れることもありますので、

誰かが好きなことばっかりしてて腹が立つなら、自分が好きなことをしてはいけない、と、禁止してないか・・・とか

 

今も時々モヤっとすることがあるので、そうやって気づいてあげるようにしています。

魂が望んでることって言葉にすると、とてもシンプルなので

頭を使うというより、胸の中に問う感じかなぁ、と思います。

 

振り幅が大きいほど、幸せや奇跡も大きくて、そういう人生にしたい!

すべては必要だから起こっている、と捉えられようになりました。

 

年齢を重ねるにつれ、私の魂が望む自由を手に入れるためには

どうしても、怖さを乗り越える必要がありました。

我慢できなかった。

 

宇宙の法則は「良い」「悪い」はなくて、

そこから何を受け取るかがとっても大切なんだと思います。

 

常識 非常識で、たまにモヤっとすることがあるけど

内観して、自分の意識を大切に受け止めてあげようと思ってます。

 

まだ怖さもありますけど、乗り越えていかないと、な。

 

 

高校生の時のアタシ

知っててんな。

 

波乱万丈の人生って覚悟が必要。

だけど、その先にある大きな幸せと、奇跡的な嬉しい出会いや経験が待ってる!

と思うと、うっひぉ~い!って喜んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜂と共存したい人

イタイやつやん (>_<) と、思われるかも知れないけど 笑。

 

梅雨辺りから植物、雑草もめちゃ元気ですよね。

葉刈りをしたくても、あっついのが嫌で生え放題。

お隣のおばあちゃん、ごめんなさい🙇

ご近所の方、ごめんなさい🙇

と、心の中で思いながら、ズルズルと伸ばし伸ばしにしてしまい…

イネ科の雑草が、腰のあたりまで成長してしまって

いや!このままではアカン!

うーーーーーんと、重い腰をあげて

朝、5時半に起きて、草刈りしました。

 

作業を始めて10分ほどして

どこからか ブーーーン と聞こえてくるんです。

あの音がすると、つい姿を探してしまう…

もしスズメバチだと一旦家に入ろうかと思って。

 

アシナガバチだった。

 

基本、肉食の蜂なんですね。

でも、花に頭突っ込んでるの見たことあるんですよね。

てっきり、草食だと思ってました。

 

花を少し残しておくから、ちょっと刈らしてな

と、話します、アシナガに。

 

一瞬、「やるんか!こら!」

的に距離を詰められそうになりますが 笑、

心の中で何回か唱えます。

 

そしたら、不思議と寄ってこない。。。

 

去年、お向かいのおじさんに、蜂のこと言われたんですよね。

蜂の巣があるんじゃないか?って。

怖いですよ~って。

うちにも来るから何とかして、っていうご指摘だったんでしょうけど。

 

正直、怖いって言葉に違和感がありました。

 

人をはじめっから、攻撃してやろうって思ってる生き物っているんかな。

もしそんな生物がいてるなら、人類はとっくに滅びてる・・・。

 

同じ地球に暮らす仲間目線でみてる今日この頃・・・。

 

春、1匹のスズメバチホバリングしてるのを見かけました。

その時も心の中で

「なんもいいもんないから、あっちいき。」

って、いうてます。

 

今回、また羽音がするなーと思ったら

セージの花にミツバチがきてました。

 

なんか嬉しいな~

 

君たちがいるから、実がなるんだもんな

蜂の存在を改めて尊敬。

 

 

 

ミツバチの写真は撮ってないから、戸隠神社で見つけた蜂の写真をどうぞ。

 

 

 

 

シゴト ヤメマシタ ☆

シゴト ヤメマシタ

         

ってなによ

「希望の星」キラーン✨ 笑

 

原始機で織りをして、それだけでやっていきたい!

先月、決心して、仕事を辞めることにしました。

 

いやー!ここまでほんと怖かった。

今も、チラリと頭をかすめます、、、

収入が0になる怖さを。

しんどいけど、働いた分だけ入ってくるバイトの収入はありがたかったです。

とっても。

 

ここで働くようになって、

私に残っていたプライドを手放すことができました。

与えられた仕事も、心からありがたいと思えるようになりました。

 

一緒に働く皆さんも、一見怖そうに (ごめんなさい🙇) 見えたけど

全然そんなことなくて、

話してみると、面白くていい方ばかり。

長く勤めてる方は10年20年と働いています。

それも納得!

 

少し前なら自分のエゴに流されて、会社にとどまっていたかもしれない、

と思います。

 

制作時間を思うように取りたかったこと

いろんなところに出展して、名前と顔を覚えてもらったり

同じ志しの方々と繋がり、自分を伝えたい。

その思いが強くなり、最後の恐れの枠を外すことができました。

 

収入が「0」になる未来を描いたって、ただの妄想だし、

もしもそうなったとしても、なんとかなる!

 

自分が本当にやりたいことを、問うてみると

織りでやっていきたい!と返ってくるし、間違ってない。

 

話しを戻しますね。

繁忙期だけど有休を取らせていただけることになり、(有り難いです)

8月10日、仕事の最終日でした。

たった2年と少しのご縁だったけど、

もう顔を合わせることが無くなるんだ、と思うと、

そして、ここに来るのが最後なんだという寂しさで

胸がいっぱいになりました。

 

他の班の先輩方からも、

「さみしい」と言ってもらえたり

そんなに話したことなかったリーダーさんからも

「○○さんのこと大好きやったのに、残念やわ」

と、言ってもらえたり・・・

 

この言葉すべてが、

本心だと伝わるから本当にありがたく嬉しかった。

 

同じ班の方から、お餞別などもいただきました。

ありがたいです。

 

一番お世話になり、よくしてもらった

同じ班のリーダーさんからは

他にヘアオイルをいただきました。

以前のお昼休みに、そのリーダーさんの髪がツヤツヤなので

そんな話しをしているときに、ヘアオイルの話しになりました。

わざわざ買いに行ってくれたんだと思います。

 

大好きなコスメキッチン♡

 

皆さんの思いがとにかく伝わってきて、嬉しくて嬉しくて。

帰道、号泣しました。

なんて幸せ者なんだ、と。

 

温かな言葉

温かい気持ちを

皆さんからたくさんいただきました!(今、これを書いていても泣きそう)

ありがとうございます!

 

自分のことを好きになり、信じて認めて

尊重するようになってきたから、

周りからも同じように思ってもらえる

と、気づきました。

 

長い間、自分を否定してきたから。

まだその癖が顔を出すことがあるけど、

その時は

「おだまり!!」

と、ぴっしっと言ってやります。

私の恐れに。

 

 

そして思い出して驚いたことがあります。

 

「2年」という期間は、採用になった時に、

私の中でなんとなく決めていた期間でした。

潜在意識通りだ!

びっくり。

 

お世話になった約2年間

本当にありがとうございました。

 

 

すべては自分の思うような現実を作り出せるし

願えば叶う!と、

実感しています。

 

 

 

 

素敵なご縁

 

最近、70代くらいの方とのご縁が多くあります。

その方々が、まぁ~素敵な方々ばかりで。

 

今のマヤ織の師匠や、以前通った写真教室の先生、

最近参加している染色の先生や、

今度教えてもらおうと思っている、

アケビや山葡萄で籠バッグを作っている作家の方もそうです。

 

いろんな知識を惜しげもなく分けてくださるし

私の話しを聞いてくれたり

感性や経験してること、生活スタイル、

などなど…

 

この出会いって、やっぱり意味があるだろうし

これはどういう素敵なことなんだろう、

と思っています。

 

「他人は鏡」「鏡の法測」

の視点で見ると、

私もこういう方々のようになれるのかな。

 

そういうことだといいな。

 

 

_________________

 

写真はサルスベリの大木。

こないだ車で通りかかって見つけました。

こんなに暑いのに、

「わぁ~い!」

って、のびのび咲いてる姿に感動。

思わず車を停めました。

 

 

 

 

直感に従った結果☆奇跡が起きた ④

 

長野でのできごと、もう少しありまして。。。

 

信州ハンドクラフトフェスタ2022に出展した数日前に

京都に用事があり、とある雑貨屋さんに立ち寄りました。

そして、一目ぼれしたマクラメと天然石のネックレスがあって。

 

こちらは水晶

どちらも素敵で選べず、結局両方買って帰りました。

 

そしてアーバンです。

 

一般的なマクラメと天然石のペンダントはあまり関心がなかったのですが、

このマクラメ編みの繊細さと、石の力は別格でした。

 

この作家さん、メキシコ、グアテマラに何年か住んでたそうで、

マクラメの技法は現地の方に教えてもらって習得されたそう。

小さな驚きと、やっぱりなぁ、という どこかで納得できるような感覚。

 

店主さんが作家さんのお名前を紙に書いてくださって、

私に渡してくれました。

 

信州ハンドクラフトフェスタのときに嬉しくてつけていると、

ある出展者さんが私のブースの前を通りかかり、

その方、一本歯下駄を履いて、めちゃ器用に歩いてて、みんなの視線がくぎ付け。

 

私が、グアテマラやメキシコの織りの技法を学びつつ、

作品を作っていることをお話ししたところ

 

「僕はグアテマラに7年ほど住んでたよ。」と。

 

え!

また同じだ!

 

と思いました。

 

で、京都でマクラメのネックレスを買ったこと

その作家の方もグアテマラに住んでいたそう、と伝えると、

 

「○○ちゃん?」

「そうです!○○ちゃん!」(名前を書いてもらっていたので覚えていた)

「知ってるよ!僕の妹みたいな存在。」

 

と。

 

えーーー!

そんなことってあるん!!

 

クラフトフェスタであった出展者さんは関東の方。

私が京都で購入したマクラメ作家さんは和歌山の方。

しかも会ったことがないのに。

 

すんごい偶然!

てか、奇跡!!

 

私はたまたまお二人を知った、ただの通りすがりみたいなものだけど

なんとまあ~!

 

その一本歯下駄の方もマクラメで天然石のアクセサリーを作っていて

Instagramを交換。

 

本職はファイヤーパフォーマー

「火をまわす」

っていう表現を初めて知って、おもしろ楽しく聞こえました。

 

でね、今書いていてやっとわかりました。

その彼がなぜ、一本歯下駄を履いていたか!

 

体幹だ!

体幹を鍛えるためだ。

 

一歩間違えたら、大けが、事故につながりますもんね。

 

 

全く知らない方から同じ単語を見聞きするって

すんごいシンクロ、すんごい奇跡

そんな奇跡が大好き。

 

それにしても、メキシコ、グアテマラって

私にとってなんなんだろう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直感に従った結果☆奇跡が起きた ③ 

前回記事からの続きです。

 

長野に滞在中、ゲストハウスに宿泊しました。

これも、なんとなくそうしたかったんです。

予算のことももちろんありますが、その場の方たちと交流できたらいいよね!

この気持ちの方が大きかったです。

 

選んだのがこちら!

↓↓↓

1166bp.com

 

コミ通りのゲストハウスで、中に入った途端、心地がいい。

スタッフさんもとても気さくで細かく周辺情報を教えてくれて。

オリジナルの地図があって、好みに合わせて、

ご飯ならここ

温泉ならここ

朝ごはん調達ならここ

などなど。

 

入ってすぐの共有スペース

ところどころに書いてあるイラスト&長野豆知識にキュン

 

着いて知り合って10分しかたたない同室の方とひょんなことから

夕飯をご一緒することに。

 

コンサルを独立してされてる方で、シェアハウスも経営されて、

そこでの今後の構想などなどのお話しを聴きました。

拠点にしたい場所を探しに、長野に来たそう。

ものづくりにも、とても関心があるそうで、

またご縁がありそうな予感・・・お話しできて楽しかったです。

ご主人と合流して白馬へ旅行だそうで、翌日チェックアウトされましたが

また会えたら嬉しいです。

 

もう一人の同室の方は「おてつたび」といって、農家の繫忙期に手伝いながら

日本を旅してる女性でした。

私と入れ違いで「おてつたび」の一人旅女子が数人泊まっていたそうです。

 

他に、

チェコポーランド、イタリアから帰国したばかりの

写真家として旅してる20代くらいの女性とも出会いました。

Instagramの写真もすんごい素敵。

 

滞在したゲストハウスのスタッフの方も、自分でゲストハウスを経営したい!

という想いがあり、修行中だとお話ししてくれたり・・・

素敵な楽しい出会いもたくさんあるけど、

その分お見送りするのが寂しい、とも。

本当だな、私も逆の立場ならきっとそう。

でもでも、そんな彼女だからこそ、彼女の良さが光るゲストハウスになるんだろうな。

ゲストハウスができたら、絶対行くね!と約束しました。

 

もう!すごい!!

みんな素晴らしすぎる!!!

おばちゃん、ガッツリ応援してる!

みんなで願望が実現できたら、すごく素敵な世界になる!

と、本気で思います。

 

自分が一番やりたいことを楽しんでやっていくことで

誰かの力になれたり、勇気や元気を与えられたら

もう愛は循環していきます。

そんな世界になれば最強!

 

 

こちらで出会った方々のおかげで、私の最後の枠は外れました。

 

このゲストハウスの滞在も奇跡!

大きな大きなギフトでした。

 

私の本当の望みは、自分と志などが似ている人たちと繋がりたいと

改めて気づきました。

 

10代の頃、友人関係で悩み、自分はダメなんだ、と思い込んで過ごしてきました。

初めて会う人と話しをすることも苦手、自分のことを話すなんて

かなり仲良くなってからじゃないと、話すもんか!くらいに思っていました。

 

気付けた今、もういい歳になってしまったけど、

気付かずに本当の自分を封印したまま、終えるよりもとても幸せなこと。

 

自分のこと、自分の想いを、見ず知らずの人にお話しできるようになってきました。

そのことが心地よく、魂も喜んでるみたいで、みぞおちの辺りがポカポカします。

 

調べてみると、第3チャクラだそうで「自分らしさ・自分を信じる力」

のエネルギーをつかさどってるそうです。

 

そっか~!めっちゃ嬉しいなぁ!

ガハハハッ ワハハ と楽しくいこう!