アイノワノート  

原始機での織物&うかんだことをカタチに

「何してる人かわからん」っていいやん ~肩書のこと~

 

ずっと、モヤ~としてることがあります。

肩書のことです。

いっつも、どう書こうかと迷うんです。

 

ハンドメイドって言葉が苦手だし、

作家というのも、私にはなんか仰々しい。

「ものづくり」っていう言葉が今は一番しっくりきてます。

意味はハンドメイドと一緒やん!ですけど。

 

「ハンドメイド」という響きって、あくまでも私の個人的主観ですが

手作りの「かわいいもの」の象徴的に感じてしまうんです。

ふわっとしてる感じ・・・。

 

「ものづくり」という言葉を使う理由は「もの」に価値を見いだす

ということが伝わるからです。

 

織物の起源は、寒さから身を守ったり

何か運ぶために紐や袋があると便利だよね、というところから始まったので

「もの」である無機質なものが人にために活かせるなんて

今とっても便利な時代を生きている私にとって感動なんです。

原始機は縄文時代から伝わったとされてるので、なおさらです。

 

私が作るものは直接的には必要ではないものです。(元も子もない 笑)

だけど持ってて、身につけてて、

なんか嬉しい

なんか楽しい

なんか笑ける

👆 初めて色文字使った)

 

これも価値やエネルギー。

なので、そんな風に思ってもらえたら最高やん!って思います。

 

話しを戻しますが、私の願いは

みんなを「笑顔」にしたい!

ことや、自分の本当の願い、自分の得意なことなど思い出し

一緒に望み通りに自分を活かしましょう~

(ひとさまのお役に立てて、幸せのループができると思ってます)

ということを実践、実験、お伝えしていきたい、ので

 

肩書は

「何してるかよくわからないなんか楽しそうな自由人」

かなぁ。

 

 

 

 



10月1日㈯2日㈰

『クラフトマルシェ in 京都府立植物園

 9時~16時 

 ブース〈No 60〉

 

京都府立植物園で年2回開催されてるマルシェに出展します。

 

出展のお知らせは、Instagramやホームページがメインで

ここでお知らせするのは、なんか気恥ずかしさもあり

たまーにしてた程度なのですが

このブログがきっかけでお知り合いになれた方が

先日、別の場所で出展した際に

ご遠方から来てくださろうとしてた、と知り

とってもとっても嬉しくて・・・

 

これがミラクル!

なので、これからちゃんと載せることにします。

 

きっかけ、気づきをもらえたこと

本当にありがたくて幸せです。

よもぎさん ありがとうございます。

 

 

次はInstagramライブだな。

もちろん、その時は顔 さらします (笑)

 

 

 

 

30年前の真実を知って驚いて涙したこと

 

先日、約8年ぶりに叔母といとこ家族と再会できました。

叔母は亡き母の妹で、私にとって母の一番の理解者だと思っています。

私がここ数年で決意して手放したことをようやく話せました。

 

はっきりブログで書いたことなかった(書いたっけ?)ですが、

2年ほど前に円満離婚しました。

結婚して19年経ってました。

 

大きな理由は価値観が全く違うこと。

(子ども達は私たちのこと「真逆」と言います、今だから笑えるけど・・・)

私は結婚してすぐ鬱になり、数年前は円形脱毛症になったり、

元夫はパニック障害になりました。(今はお互い完治しています。)

特に思い当たる理由は・・・わかりませんが、お互いしんどかったのかなぁ。

ただはっきりわかることは、二人とも表現が下手だったということ。

相手に伝える、伝わる言葉がわからなかった。。。

今は夫婦であるしがらみがなくなり、言葉で伝えられるようになりました。

(このことから「伝える」ことも大切な使命なのだと気づきました)

 

母が60歳の若さで亡くなったこともあり

自分が何のために生まれてきたのか、を思うようになって

ある日突然、織物をしたい!という、感情が湧いてきて

活動をしていく中で、優しい光で照らせるように自分を活かしたい、

と思うようになりました。

 

今回はそこまで詳しく叔母に話せてないですが、いろいろ話す中で

母が生前、話していたことを教えてくれました。

 

母が40代前半のころ「家を出て窯元に弟子入りしたい」と話したことがあるそうです。

叔母は冗談半分で聴き流そうとしたそうですが、

今思えば、話し方から本気だったかもしれない・・・と。

 

母が40代前半の頃って、私は20歳になったころ。

話しを聞いて、胸の奥の方からじわじわと温かいものがこみ上げてきました。

 

『これだったのかもしれない』

 

私が今やっていることは、母がやりたかったことかもしれない。

自分の思うまま自由に生きて、好きなものづくりをしたかったんだ、と。

 

私はなぜだか、小さい頃から

「母は絶対一人では生きていけない人」、と思っていました。

それはつまり、私自身に思っていたこと。(鏡の法則です)

だから離婚って怖くて仕方なかったし、ものすごく悩み覚悟したことだったけど

本当の自分(魂)が望んでいたことだし、結婚という学びも終え、

結果、素晴らしい方向へ導いてくれると実感しました。

独身になっても孤独やひとりぼっち、ではなくて

たくさんのご縁に恵まれ、素敵な方々に支えられています。

本当にありがたいです。

 

そういうことをいろいろ思い出すと、本当とても不思議で。

やはり私は母を選んで生まれてきたんだな、と強く思います。

 

これを書きながら、私の魂は喜んでます。

悲しくないのに、涙が溢れてくるからね。

 

 

鳥がいます。どーこだ!

 

 

 

 

つくり、つたえ、つなげる、そこにアイはあるからね。

 

ホームページの『diary』をもとにちょっと追記して載せてみました。

 



昨年末から本格的に活動を始めてから、いろんなところに行き

ありがたいことに、出展の場やお客様、そして

その土地で出会う、初めましてのご縁などなど・・・

決めて行動することで、たくさんの出会いに恵まれるようになりました。

 

そんな中、ブレることがやっぱりあって、

それは人と比べて委縮してしまうこと、

過去の経験から「時間がない」と焦ってしまうこと。

そんなエネルギーが出ていたことに気づきました。

 

私が私を信じて、「ある」を意識します。

そしたら、時間も私にゆったり心地よく流れるように感じ、

本当につくりたいものを、自信をもってチョイスできるようになりました。

 

『ある』っていうエネルギー、超強力です!

 

自分の中で「もう一つだな」と感じたものは、完成してもやり直すようにしてます。

私が「いい!」と思うものは、きっと伝わると。

 

そして、無理に焦るように「作らねば!」の気持ちを手放して、

「作りたい」と気持ちが乗った時に作るようにしてます。

 

だから、品数が少ないと思われるかと思います。

その時の思いやエネルギーを大切にしたいので、

ゆっくりですが、これからもよろしくお願いします。

 

 

オーダーなども承ります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

大好きな道明寺天満宮手づくりの市に、5月に続いて出展させていただきます。

台風接近してるようですが、集合意識で遠ざけ、

台風をなくしちゃいましょう~

 

いわゆる神頼み (笑) 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

道明寺天満宮手づくりの市 

9月19日(月祝)

10時~15時まで

近鉄南大阪線道明寺駅』徒歩5分

 

 

 

 

www.tedukurinoichi.com

感謝の意識をとばしてみよう☆この場所に・・・

 

今、私が住んでる場所は自然豊かで、とても静かな場所です。

ただ、古い住宅街という欠点があって。

田舎なのに開放感を味わえないことも多いし、

保守的・・・というか、新しいもの、挑戦的なこと、をあまり好まない地域なような気もしていて。

終の棲家じゃないな、と最近感じていたんです。

 

でも、やっぱりここを選んだ意味があったんだ、

価値観の似た人と繋がるため、ここに来たんだ、と改めて思ったことがあったので

書いてみます。

 

今日の夢で、近所のママ友が出てきて、思い出したことがありました。

そのママ友は、味噌を作るきっかけをくれました。

子ども達が小さかった時、「味噌作るから、一緒にどう?」

と誘ってくれたことで、手づくり味噌が意外と簡単にできることや

美味しさを知り、それからほぼ毎年、味噌を作るようになりました。

その他にもいいところがあって、子どもが好きで、おおらかで、活発なひとです。

 

他に子どもの年齢は違っても、子どもがきっかけで、友人になったひともいます。

(以下Ⅿさん)

今から16年前にさかのぼります。

「○○君(うちの子)集団登校の班から外れて学校に行ってます、集団登校のルールは絶対です!」と、

きついお叱りメールを、同じ班の子のお母さんからもらい、悩み、付き添った時期があるのです。

ある日、登校のボランティアをしていた、Ⅿさんに偶然会い

「そんなん気にしなくていいよ、子ども同士にまかしとき。」と言ってくれて

心がとても軽くなり、息子に理由を聞き、次の日からは行くのやめました。

 

体調を崩したときなども気にかけてくれたり、

気持ちの捉え方や、暮らしのこと、好きなもの、健康のこと、

など、友人を通じて知ることが多く、しかも何人かいてくれて

それは奇跡なんだ、宝物だ✨と、本当にありがたく思います。

 

どこにいても結局、自分の心のありようで、しっかり地に足つけること

足元の幸せに気づくこと・・・そんなとっても大事なことを感じました。

 

最近は近所なんだけど、なかなか会えない。

それも意味があるんでしょう。

 

子どもの頃から住んでいて、辛いことが多かったように思うから

この場所が好きじゃなかった。

まさか結婚してまたこの地に戻るとは想像してなくて。

 

でも、家があって、静かで空気もいいし、一人暮らしの父の近くで、

鳥のさえずりが心地よくて。

 

いいところがまだまだたくさんあることに意識を向けようと思いました。

もう、昔のことは私から忘れよう。

 

藤井風の「帰ろう」みたい

あの歌、泣ける・・・

 

 

 

 

 

 

 

自分の望みを知ってしまった。

 

 

作家(原始機織りの)として本格始動を始めたわけですが、

事象から自分の望みに気づいちゃった、というはなしです。

 

 

数年前から知ってるカフェで、カフェのほかにも企画展したりしていて、

うちから遠方だけど、好きで何度か行ったことがあるお店があり、

そのオーナーさんが、作家さんや飲食のお店を呼んでイベントをすることを知りました。

 

そしたらね、ザワザワした感情がこみ上げました。

 

「なんやろ、この気持ち」

 

嫉妬?、そのイベントに呼んでほしいん?

え!なになに、と自分の気持ちと向き合っていた時のことです。

 

 

うちの娘が動画編集とか興味があるというので、私の織ってる動画を編集して

ほしいと、何気なく話してたんです。

そしたら「ひょっとして私は表に出たい人か?」そんな気持ちが湧いてきてて、

それにリンクするような出来事が、、、

 

近々、個人事業主向けのある講座に参加するんですが、

講座用に新たにSNSのアカウントを作る機会がありました。

「顔写真をアイコンにした方ががいいと思う」と

主催者さんからアドバイスがありました。

理由は、「起業して表に出ていく上で、写真を撮られる機会も増える」から。

「早く願望実現するためにも写真に慣れることを先取りしよう」って。

 

「あ!!これや!!」

って気づいたんです。

本当はこれがやりたいねん、って。

 

私がやってる織りは織機を使わないので

説明してもわかってもらいにくく、

それも兼ねて、ゆくゆくは動画にしたいと思っていました。

 

それもあるけど、自由に楽しく発信したい。

 

でね、気持ちの通じ合う人たちと繋がりたい。

そして仲間と協力して、何かの、誰かの力になりたい。

(うまく言葉にできないけど、もっと大きく深いものを動かしたいと思ってる)

 

だからそれをしていた人にザワザワしたんだ!

 

鏡の法則!すごい!

 

他の人がしてる Instagramのライブとか、Reelsリールとか、

気持ちのどこかで「いいな、ちょっとやってみたいな」 

と、ずっと感じてて。

 

私は写真を撮るのは好きだけど、撮られるのは、

「魂が抜かれる~!」って思うほど、嫌いやし

世の中に正体をさらすようで怖いし、コンプレックスもある。

 

かわいくてキラキラしい人がするからいい、とか、

特別な才能とか特技とか、そういうのが必要だと思ってた。

 

あるよ!私にも!

そうそうあるある!!

鏡に向かって「今日もかわいいね」って、毎日いってやる 笑

 

ほんでまだまだ残る、こわい・・・という気持ちや、完璧主義。

もうほんま、いらん、、、。

行動あるのみ!

魂が望んでることを優先したげよう。

 

嫌だ!嫌いだ!の裏に隠された、本当の望み。

すごっっっ!!

 

 

 

初めての出店 下鴨神社糺の森手づくり市にて

 


思い切って出してみた!のわりに、目しかでてへん・・・

 

 

 

 

 

波乱万丈の人生





高校時代、友達に「平凡な人生より波乱万丈な人生がいい!」

と話していたことを思い出しました。

 

波乱万丈の意味を調べてみました。

「変化が極めて激しく劇的であること」

とありました。

 

その時はただなんとなく、話していました。

 

実際にそうなってる、もっとなりつつある自信があります 笑。

 

 

子どもの頃は、友達との距離をとりづらくてトラブルが多くて

何のために勉強をするのかわからなくて、しんどくて

部活か、家でひたすら寝る!という学生時代。

 

良いこと悪いことを教わって

常識、非常識なことを線引きするように。

筋が通ってないことに異常なほど、嫌悪感を覚え

自分の中でいつのまにか、つくっていたルール。

 

人と自分の感覚の違いに戸惑い、

自分はダメな奴だ、、、と否定するようになり

「わたしなんて」「わたしなんか」言うてました。

 

 

母を亡くしたことが大きかったけど、

縁のあった方と出会い、離れたことがきっかけで

自分の人生が大きく揺さぶられ、

心のままにとにかく行動した結果・・・

原始機という織りに出会いました。

でもそれは、一つの手段、ツールとして捉えていて、

 

自分のやりたいことで豊かになる!

自由に生きる!

自分を活かして、楽しい!幸せ!嬉しい!を伝えて

価値観の似た人たちと一緒に、何かできたらいいな。

 

という願いがあります。

 

 

「自分を生きる!」と、覚悟を決めた当時は

しつこくこびりついた恐れ、エゴを手放すにはどうしたらいいかわからず

一人では乗り越えられず、「エイ!」っと決意して、

信頼できるメンターにお願いして、セッションを受けていました。

その方のブログを読んでいましたが、

お願いしようと決心するまで、怖くて1年以上かかりました。

言葉でうまく説明できない怖さでした。

すべてエゴがそうしてるんだけど。

 

セッション受け始めの頃は自分を内観することが、辛くて面倒で時間もかかりました。

嫌な感情…例えば、イラついたり、悲しかったり、モヤモヤしたり、

こんなことが起きたときは自分と対峙するチャンスです!

 

なぜ?どうして?と細かく自分に聞いていきます。

あと、鏡の法則として現れることもありますので、

誰かが好きなことばっかりしてて腹が立つなら、自分が好きなことをしてはいけない、と、禁止してないか・・・とか

 

今も時々モヤっとすることがあるので、そうやって気づいてあげるようにしています。

魂が望んでることって言葉にすると、とてもシンプルなので

頭を使うというより、胸の中に問う感じかなぁ、と思います。

 

振り幅が大きいほど、幸せや奇跡も大きくて、そういう人生にしたい!

すべては必要だから起こっている、と捉えられようになりました。

 

年齢を重ねるにつれ、私の魂が望む自由を手に入れるためには

どうしても、怖さを乗り越える必要がありました。

我慢できなかった。

 

宇宙の法則は「良い」「悪い」はなくて、

そこから何を受け取るかがとっても大切なんだと思います。

 

常識 非常識で、たまにモヤっとすることがあるけど

内観して、自分の意識を大切に受け止めてあげようと思ってます。

 

まだ怖さもありますけど、乗り越えていかないと、な。

 

 

高校生の時のアタシ

知っててんな。

 

波乱万丈の人生って覚悟が必要。

だけど、その先にある大きな幸せと、奇跡的な嬉しい出会いや経験が待ってる!

と思うと、うっひぉ~い!って喜んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜂と共存したい人

イタイやつやん (>_<) と、思われるかも知れないけど 笑。

 

梅雨辺りから植物、雑草もめちゃ元気ですよね。

葉刈りをしたくても、あっついのが嫌で生え放題。

お隣のおばあちゃん、ごめんなさい🙇

ご近所の方、ごめんなさい🙇

と、心の中で思いながら、ズルズルと伸ばし伸ばしにしてしまい…

イネ科の雑草が、腰のあたりまで成長してしまって

いや!このままではアカン!

うーーーーーんと、重い腰をあげて

朝、5時半に起きて、草刈りしました。

 

作業を始めて10分ほどして

どこからか ブーーーン と聞こえてくるんです。

あの音がすると、つい姿を探してしまう…

もしスズメバチだと一旦家に入ろうかと思って。

 

アシナガバチだった。

 

基本、肉食の蜂なんですね。

でも、花に頭突っ込んでるの見たことあるんですよね。

てっきり、草食だと思ってました。

 

花を少し残しておくから、ちょっと刈らしてな

と、話します、アシナガに。

 

一瞬、「やるんか!こら!」

的に距離を詰められそうになりますが 笑、

心の中で何回か唱えます。

 

そしたら、不思議と寄ってこない。。。

 

去年、お向かいのおじさんに、蜂のこと言われたんですよね。

蜂の巣があるんじゃないか?って。

怖いですよ~って。

うちにも来るから何とかして、っていうご指摘だったんでしょうけど。

 

正直、怖いって言葉に違和感がありました。

 

人をはじめっから、攻撃してやろうって思ってる生き物っているんかな。

もしそんな生物がいてるなら、人類はとっくに滅びてる・・・。

 

同じ地球に暮らす仲間目線でみてる今日この頃・・・。

 

春、1匹のスズメバチホバリングしてるのを見かけました。

その時も心の中で

「なんもいいもんないから、あっちいき。」

って、いうてます。

 

今回、また羽音がするなーと思ったら

セージの花にミツバチがきてました。

 

なんか嬉しいな~

 

君たちがいるから、実がなるんだもんな

蜂の存在を改めて尊敬。

 

 

 

ミツバチの写真は撮ってないから、戸隠神社で見つけた蜂の写真をどうぞ。